日々の新しい発見を提供します

もりしょうInfo

健康

トイレ(大便)はしゃがむ派、座る派!?効率よくうんちを出す方法

日本語BBCニュース(その記事はこちら)でトイレ(大便)のやり方について、おもしろい記事を発見しましたのでその内容を紹介します。

便秘でお悩みの方も多いと思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか(^^)/

 

うんちを効率よく出せるかどうかは、その体勢、姿勢による!?

記事よると、うんちを効率よく出せるかどうかは、その気張り方にあるとのこと。

便座に座る(=洋式)やり方は、その体勢から骨盤底筋が結腸を締め付け、それがトイレで力む要因となっていると指摘。

さらには、力み過ぎは痔や卒倒を引き起こす危険性があるとし、理想的な力み方は、便座に座りさらに膝を胸側に近づけるように曲げた姿勢だとした。

ロダンの『考える人』の姿勢だという方もありますが、『考える人』はよく見ると普段の姿勢と大差がないので、『体育座り』でうんちをするのが理想に一番近い(?)と思っています。

理想の姿勢をサポートしてくれる商品

『理想の体制は理解したけど、和式トイレは膝痛いし、洋式トイレでは体育座りできないよ』って思いませんでしたか?

私は思いました( ;∀;)

 

そこで色々調べてみると、その姿勢をサポートしてくれるものが、子どものトイレ補助兼便秘改善用としてすでに商品化されているようです。

 

以下にいくつか紹介します。

商品の案内ページにも便秘改善効果について記載がありますので、参考にどうぞ(^^)/

まとめ

同記事では、人間はひとりあたり年間145kgのうんちを生産していると紹介しています。

(人生80年と考えたら10トン以上のうんちを一人でしていることになりますね、、、)

また、一生の6か月以上をトイレの上で過ごしているとのことです。

 

これから先も長く付き合っていくトイレですから、この記事を参考にうんちの理想的な姿勢に挑戦してみて下さい。

もしかしたら、これまでより快適に排便できるようになるかもしれませんm(__)m

-健康
-,

Copyright© もりしょうInfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.