日々の新しい発見を提供します

もりしょうInfo

うさぎ

【うさぎの飼育】うんちについて解説-コロコロうんちと盲腸便-

しょうた
ねえ、おしりに顔つけて何をしてるの?

うんちを食べてるのよ
うさみ
しょうた
ふぇ!?

 

うさぎは、うんちを食べます!!

これを『食糞』と呼びます。

 

うんちは2種類

うさぎのうんちは2種類あるって知ってますか?

  • 硬便(こうべん)
  • 盲腸便(もうちょうべん)

です。

硬便(こうべん)

普段見かけるコロコロした糞を硬便と呼びます。

 

これは,小腸で消化しきれなかった繊維質の塊で,
体内で不要であるため便として排せつされます。

 

不意に漏れちゃうので、しつけることは難しいです。

(参考:うさぎはトイレ上手にできる!?しつけの方法について解説します!

ニオイもなく乾燥しているので神経質になるほどではありません。

 

注意ポイント

下痢や消化不良など普段と違う硬便でたら注意!!

動物病院受診が安心です。

 

盲腸便

ブヨブヨしたぶどうの房のような形状で、
果汁グミみたいなうんちが盲腸便です。

盲腸便は小腸で消化できなかった小さな繊維質等を
盲腸内バクテリアで発酵させ栄養価を高めた便です。

 

発酵させた後に消化管内を逆送はできないので,
1度肛*からだしてまた口から入れます。

これがうさぎがうんちを食べる理由です。

 

直接たべるため見る機会は滅多にありません。
興味のある方は画像検索してみてください。

 

盲腸便をつくる理由(ワケ)

うさぎは自身の数十倍の長さの腸を体に納めています。

 

そして,常に腸を動かしていなければ、
体内中で毒素がつくられそれによって
最悪の場合は死んでしまいます。

そのため、腸の動きを活性化してくれる
食物線維を含む草を好んで食べます。

 

しかし,食べるだけでは十分な栄養が摂取できません。
そのためうさぎは,体内の細菌によりさらに発酵させる
という再度口から取り込むという盲腸便に至ったのです。

 

まとめ

うんちを食べると聞くと少し汚いようなイメージを持ってしまいます。

 

しかし、これはうさぎが生きていくために
絶対に欠かすことのできない重要な行為です。

 

行為を見かけたら優しく見守ってあげましょう。

 

しょうた
オレも食便やってみようかなー
やったら家を出て行くわ
うさみ

 

 

-うさぎ
-,

Copyright© もりしょうInfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.