日々の新しい発見を提供します

もりしょうInfo

うさぎ

【うさぎの飼育】ブラッシングを解説!嫌がるのはやり方の問題!?

 

うさぎのケアでも特に大切なのがブラッシングです。

長毛品種はうさぎ自身では毛づくろいができないほど
抜け毛の量がすごいです。

ブラッシングを欠いてしまうと、病気になることも。

 

しょうた
うさみは毛が短くて、毛が全然取れない
短毛種は気になったらくらいで平気よ
うさみ

 

ブラッシングが必要な理由

うさぎは自分の毛を舌で舐めて毛づくろいしますが、
その際少なからずそのまま毛を飲み込んでしまいます。

 

消化管が十分に機能していれば問題ないのですが、
この働きが悪かったり、量に消化が追い付かないと、
胃の中に毛が溜まってしまう毛球症になることも。

 

また、不要な毛を除去してあげることで、蒸れによる
皮膚疾患の予防にもつながります。

 

さらに、毛をまき散らして歩かれると部屋が汚れたり、
人間の身体にも影響が出る可能もあります。

 

うさぎと人間の健康のためにもブラッシングは欠かせません。

 

生え変わる時期

うさぎの毛は、毎日少しずつ生え変わっていますが、
年4回毛が一気に生え変わる換毛期を迎えます。

季節の変わり目がそれにあたります。

 

特に顕著なのがです。

これは、冬用と夏用の毛が切り替わるためです。

 

この時期の長毛種はよりブラッシングに力を入れましょう。

 

短毛種のブラッシング

短毛種は、数日、時期によっては1週間に1回程度の
ブラッシングで十分です。

 

ブラッシングの際に毛がいつもより抜けるなと
感じたら回数を増やす等の調整をしてあげてください。

 

ブラッシングに必要なもの

  • 濡れタオル(市販のシャンプーシートも可)
  • ラバーブラシ
  • コーム(毛並みを整える)

ブラッシングの手順

  1. よくしぼった濡れタオルで毛並みに沿って拭く、
    その後逆方向にもしっかり拭いて汚れを落とす。
  2. ラバーブラシを使って抜け毛を取り除く。
    *皮膚を傷つけないように注意
  3. 最後にコームを使って毛並みを整える。

 

 

 

長毛種のブラッシング

アメリカン・ファジーロップなどの長毛種は、
うさぎ自身だけではそもそも毛づくろいができません。

毎日のブラッシングが理想で、短毛種に比べて手間は
かかってしまいます。

 ブラッシングに必要なもの

  • 濡れタオル
  • スリッカーブラシ
  • ラバーブラシ
  • コーム
  • はさみ

ブラッシングの手順

  1. スリッカーブラシで毛並みに沿ってブラッシング
    首→背中→尾
  2. 膝の上に仰向けで抱えコームで腹部を優しくとぐ
    腹部は床に接する面なので汚れやすく毛玉も多い
  3. ブラッシングで解けなかった毛玉をはさみで切る
  4. コームで身体、顔まわりの仕上げをおこなう
  5. 濡れタオルで耳を軽めに拭き上げて完了

ポイント

長毛種の毛は大量であるためブラッシング時は、
場所や恰好を考えてやりましょう!

 

 

ブラッシングの注意点

ブラッシングは優しく

うさぎは皮膚がとても弱いです。

そのためブラッシングをする際は、ブラシの先を
皮膚押し当てず、優しくしてやりましょう。

 

ウサギ用に販売されているスリッカーブラシは、
ブラシの先端に丸みをつける加工がしてあります。

犬や猫用は、この加工がないため使用しないよう
注意が必要です。

 

抱っこできる関係をつくろう

うさぎは、基本的に自由人。

抱っこされるのを嫌がる子も多いです。

小さい時から抱っこに慣れさせてあげましょう。

 

ブラッシングのやり易さが全然違ってきます。

 

参考文献

  • 楽しく暮らせるかわいいウサギの飼い方/ナツメ社
  • 小動物★飼い方上手になれるウサギ/誠文堂新光社

-うさぎ
-,

Copyright© もりしょうInfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.