日々の新しい発見を提供します

もりしょうInfo

ランキング系 雑学

【意外と知らない!!】性欲が強い動物ランキングTOP5

こんにちは!管理人のもりしょうです(^^)/

 

本日は、

性欲が強い動物ランキングを紹介します!!

 

このランキングを見たらイメージが変わった
なんて動物も出てきますので最後まで楽しんで行ってください( *´艸`)

5位 トラ

5位にランクインしたのはトラです。

 

トラは、生後4年程度で性機能が整います。

 

繁殖シーズンは住む地域により様々ですが、
インドのベンガルトラは雨期が明けた春頃です。

 

発情期は、1年間の間の数日だけ。

この間は2日で100回以上のペースで交尾をする
類まれな絶倫っぷりを発揮するのです。

 

また、ご存知の方も多いかもしれませんが、
ネコ科のペ〇スには無数の返し付き棘(トゲ)
備わっておりメスは行為に大きな痛みを伴います、、、

この刺激によりメスは排卵をする仕組みになります。

 

しょうた
昼も夜も敵なしの肉食系男子!!!

 

4位 アデリーペンギン

4位にランクインしたのはアデリーペンギンです。

 

え、ペンギンが?と思った方も多いでしょう。

このペンギンは恐ろしい性欲処理を行います。

 

1911年から翌年にかけて探検家ジョージ・マレー・
レビック氏により記録されたアデリーペンギンの南極
大陸での観察記録によると、、、

死んだメスの死体に行為をする(屍姦)

幼鳥に性的虐待を加える

といった異常な行動を確認したとのことです。

 

一説によるとこれらの行為は、性の知識不足の♂が、
急に来た発情期にどうして良いか分からず及んでし
まうものだとも考えられています。

 

また、同性同士での行為も確認されているようで
性に対する欲求が強い動物ではあります。

 

しょうた
性教育って重要だなと感じますね、、、



3位 オットセイ

画像元:www.bbc.com/earth/story/20141117-why-seals-have-sex-with-penguins?ocid=fbert

 

3位にランクインするのは、オットセイ

コイツもやべぇやつなんです( ;∀;)

 

オットセイの性態は驚くべきもので、1頭の強い♂が、
20~100匹ほどのメスを抱えた超巨大ハーレム
形成します。

 

そして、繁殖期になるとおよそ1か月もの間、
他には目もくれず子どもづくりに勤しみます。

 

トラをも超える絶倫王者の誕生です。

 

その圧倒的な生殖力の強さから、オットセイの陰茎や
睾丸は精力剤
としても古くから用いられており現在も
商品として販売されています。

 

ここである疑問が生まれます。

♂一匹に対して♀が多すぎじゃないかと、、、

♂余ってしまうんじゃないかと、、、

 

そうなんです。

これだけ性欲が強いのに、最強の1匹だけが独占し
他のオスは相手がいなくなってしまいます。

 

そこで余ったオスは考えました、

ペンギンを襲おうと。

上で使っている写真はペンギンに行為を及んでいるところです。

 

行為後は開放する場合もあれば、捕食する場合もあるみたいです。

 

しょうた
可哀そうですが、よくあるみたい

 

2位 うさぎ

 

2位にランクインするのは、なんとウサギです。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、©プレイボーイ
のマークに採用されていたり、バニーガールの衣装等
に使用されることから見て取れるように、実は性欲が強いんです。

 

ここまで紹介した動物には、発情期がありましたが、うさぎにはありません。

生後半年で、性機能が成熟し、年中発情しています。

年中発情するのは、うさぎと人間くらいです。

 

受精率はほぼ100%で、妊娠中でも受精が可能です。

そして、出産を終えるとすぐに発情できるすごい身体。

 

これは、被捕食動物であるが故の進化でもあります。

食べられちゃうならそれ以上に産もうというワケです。

 

しょうた
時期を選ばず発情しているウサギが2位

 

1位 人間

1位には、我ら人間がランクイン!!

人間もうさぎと同様、年中時期を選ばず発情できる動物です。

そして、寿命が長い分その期間も他の動物とは比べ物になりません( ;∀;)

 

また、特出すべきは、さまざまな性的嗜好の数々。

他の動物たちは、種の保存のために行為に及ぶ傾向に
ありましたが、人間は生殖を超えた位置に性欲があります。

性的嗜好は、個人のなかで主要な意味を持つ場合は、時として性指向と考えることができるが、しかし、今日になってもなお、様々な理由よりして社会的に受容されることが困難である。このような性嗜好は、一般に性的倒錯に分類される。ある種の嗜好は、現在の西欧においては、性的異常、または変態性欲と見なされる。少なくとも西欧では、また世界の多くの国でも、法に従う限り、性的異常と見なされる嗜好を行為に移すとき、それは犯罪と見なされうる。

引用元:wikipedia

 

人間が1位は当然ではないでしょうか( *´艸`)

いかがでしたか?楽しんでもらえましたでしょうか。

 

良かったら記事のシェアもお願いします(^^)/

【最弱】自然界で一番弱い動物ランキング

-ランキング系, 雑学
-

Copyright© もりしょうInfo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.