日々の新しい発見を提供します

もりしょうInfo

健康

【アンチエイジング】40代時の歩く速さで脳の老化具合が分かる!?

こんにちは、管理人のもりしょうです(^^)/

 

早く歩くことが健康に良いということは、
ご存知の方も多いかと思います。

 

今日は、イギリスBBCニュースで歩行速度に関する
気になるニュースがを発見したので紹介します!

英語を読んでまとめているのでその点ご理解願います( ;∀;)

ネタ元:Slow walking at 45 'a sign of faster ageing'

 

ゆっくり歩く人は身体と脳がより老化している

調査によると、ゆっくり歩く人は身体機能の老化が
早いだけでなく、顔の老け具合脳の縮小スピード
までもが早い傾向にあるようです。

 

脳にも影響があるという発見自体が驚くべきことです
が、顔の老け具合にも影響があるなんて( ;∀;)

 

また、

歩行速度は、筋肉や肺機能、バランス感覚、脊椎強度
等の状態の指標に用いられるのですが、高齢者で歩く
のが遅い人はより認知症や認知機能低下のリスク
があ
るんです!!

 

歩く速度が遅くなるのは問題のサイン

この調査では、ニュージーランドの幼いころから
定期的に身体機能テストや脳の測定をしてきた人
1000人を対象に行われたものです。

 

過去の記録と現在の歩行速度を比較すると歩行速度の
低下は向こう数十年の老化の前兆となっているようです。

 

さらには子ども時の歩く速度が遅い子(1.2m/s)は、
早い子(1.75m/s)に比べ40年後のIQが12ポイント
低い
との指摘がありました。

 

生活習慣の改善

健康やIQは、生活習慣や周囲の人間、生まれた時の
状態に影響をうける面も多くありますが、速く歩く
ことを早くから実践していれば将来の健康と健康な
脳みそを手に入れられるかもしれません。

 

若くて健康なうちから意識することが、重要です!!

 

早く歩くことが健康に良いのは前から言われてきて
いることで、さらに老化防止にも良いことがわかっ
たのでさっそく明日から意識して歩いてみましょう!

 

しょうた
感覚的にも早く歩く方がいい気はしますね!

-健康
-, ,

Copyright© もりしょうInfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.