日々の新しい発見を提供します

もりしょうInfo

お金

【増える残高、高金利】リボ払いの怖さをわかりやすく丁寧に解説

みなさんはリボ払いの仕組みについて、正しく理解できていますか?

今もなお、気づかぬうちに高額な借金を抱えてしまう方が後を絶たないリボ払いについて解説します。

(個人的には、経済的余裕の無いところからさらにお金を抜くいやらしいシステムの認識です。)

 

しょうた
仕組みを理解しておいて損はないです(/_;)
不安な人は絶対見て行って!!
うさみ



 

リボ払いとは?

リボ払いは欧米で普及したクレジットカードの支払い方法でここ十数年で日本での活用が広がりました。

 

「分割払い」が支払いごとに回数を決め返済するのに対し、「リボ払いは」支払い残高全体から一定額づつ返済を行う仕組みになっています。

 

例題を基に視覚的にイメージしてみましょう!

例)A君は12万円のPC、6万円の時計、3万円のカメラを、それぞれ別の店で3回の分割払いで決済した。

分割払いの場合(3回)

分割払いは決済ごとに3回払いが適応されるので、

毎月3口の支払いを3回行い完済となる。

 

リボ決済の返済(毎月2万円)

リボ払いは、合計残額の全体から返済設定に応じ行われる。

月々2万円づつ返済しているのが↑の図。

全然返済が進んでいないのに、新たな買い物をして残額が次第に積みあがっていくのがリボの怖いところの1つです。

ポイント

リボは高額な買い物を複数行っても月々の支払いが少額ですむため、まとまった予算がなくても簡単に決済することができます。

一方で返済が少ないため支払い残高がなかなか減りません。(残額を残して利息を喰うのが目的です

 

しょうた
なんとなくのイメージはできたかな?
利息についても後述するよ
うさみ

 

リボ払いの種類

リボ払いは一般的に以下の2つに分かれます。

残高スライド方式

定額方式

どちらを採用しているかはカード会社により異なります。

残高スライド方式

これは支払残高によって月々の支払額が変動するシステムです。

支払残高が10万円未満の場合、毎月の支払額が5,000円、支払残高が10万円以上15万円未満の場合、毎月の支払額が1万円と設定されているケースで考えてみましょう。毎月少額の買い物を続けて、支払残高が10万円未満を維持してきましたが、ある月に大きな買い物をして、支払残高が12万円となったとします。すると、それまでは毎月5,000円の支払いとなっていたのが、支払残高10万円以上となったことで、毎月の支払額が1万円にアップするのです。

引用元:JCB公式

この方式のいやらしいところは、残高が減ると支払額が減り返済のペースが遅くなるところです。

完済に至る前に新たな買い物をして常に利息を払っている状態が生まれやすいです。

 

定額方式

支払残にかかわらず常に一定額を返済するシステムです。

ただし、設定している月の支払いが少額だと元金がなかなか減らず、その場合はこちらも常に利息を払っている状況が生まれやすいです。

ポイント

いずれの方式も理解した上で使用しないとすぐに残高の減りより新たな買い物で増えるペースが勝ってしまい、気が付かないうちに限度額に達することが考えられます。

リボ払いの利息について

リボの怖さの2つ目が利息です。

これはカード会社の利益の大元となる部分です。

相場の金利は15%

カードによって異なりますが、リボ払いの金利はおおよそ15%(年)と言われています。

元金が減りにくい返済方式であるリボで15%もの金利を取られ続けると利息の支払い合計は相当なものになります。

 

楽天がショッピングリボの【返済シュミレータ】を作成していますのでご参考に。

*返済まで他のものを買わなかった場合のシュミレートです。

 

1つの買い物だけで終わればよいのですが、、、

これに複数の買い物が積みあがっていくと、、、

 

ポイント

月(30日)の手数料は以下のように求められます。

手数料=支払残高 × 利率(年利) ÷ 365 × 30

まとめ

リボ払いは、まとまったお金がない時でも欲しいものが買えちゃう便利なシステムです。

しかしカード会社も商売で行っていること。

利息を取ってなんぼって思っています。

 

何事も使い方が重要です。

そして上手に使用するには正しい理解が必要です。

 

ここで紹介したリボの怖い点は、以下の2つ

①元金が減りにくい

②利息が高い

 

↓次の記事では、もう一つの恐怖を紹介します。↓

【増える残高、高金利】リボ払いの怖さをわかりやすく丁寧に解説

 

-お金
-,

Copyright© もりしょうInfo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.