日々の新しい発見を提供します

もりしょうInfo

ランキング系

【おもしろ解説付】牙の長い動物ランキング

 

地球上には特殊な牙を持った動物たちが数多く生息しています。

動物の牙は,武器やメスを惹き付けるシンボル,採餌等としての役割を持ち,多様な形態をとります。

そんな牙の長さをランク付けし,牙の役割を豆知識,雑学を混ぜながら解説していきます。

5位 バビルサ

聞いたことも見たこともないという方もいるかもしれません。

このバビルサという動物は,インドネシアの一部の島にのみ生息するイノシシの仲間で絶滅危惧種に指定されています。

 

大きく反り返った4本の牙が特徴で,頭に突き刺さりそうな様子から死を見つめる動物とも呼ばれたりします。(実際のところ刺さることなく,刺さる前にクルんと方向転換するそうです)

牙の長さは30cmにもなります。

この牙は何のためにあるのかはっきりとしたことはわかっていないが、牙が折れているオスよりも、牙が立派なオスのほうがよりメスと交尾できることが分かっている。時折オス同士で喧嘩をし相手の牙を折るのは、競争相手を減らすためだと考えられている。

引用元:wikipedia

 

4位 カバ

地球上で一番人間を殺している動物としても有名なカバが第4位です。

下顎から伸びる牙の長さは50cm以上にもなり,時には自分の上顎を貫いてしまうことも。

口は150°も開き噛む力は1トンに達します。これは地球上ではナイルワニに次ぐ強さです。

 

温厚そうな見た目とは裏腹に,縄張り意識が非常に強く喧嘩っ早い危険な動物で皮膚の厚さは6cm,走る速さは40km(ウサインボルトより早い)の重戦車です。

 

3位 セイウチ

雌雄共に上顎の犬歯(牙)が発達し、オスは100センチメートルにも達する。この牙には、オス同士の闘争、外敵に対する武器、海底で獲物を掘り起こす、陸に上がる際に支えにする等の用途がある。またこの牙は生涯を通じて伸び続ける。

引用元:wikipedia

生息域が被るホッキョクグマと対峙しても,瀕死のダメージを与えることが可能な牙と高い防御力のある分厚い脂肪を持つため襲われることは少ない。

 

余談ですが,親戚のオットセイさんは性欲処理にペンギンを襲うモンスターです。。。

【意外と知らない!!】性欲が強い動物ランキングTOP5


2位 イッカク

イッカクは北極圏に生息するクジラの仲間で,オスの個体に見られる300cmにも達する長い牙が最大の特徴です。(角ではなく歯です)

牙の役割については多くの議論が交わされてきた。以前は棲息地である北極海を被う氷に穴を開けるために発達しているという説や反響定位(エコーロケーション)のための器官であるという説、この牙で獲物を気絶させ捕食する説などがあった。最近では牙の電子顕微鏡検査によって内側から外へ向かう神経系の集合体と判明し、高度な感覚器として知られるようになった。この牙を高く空中に掲げることにより気圧や温度の変化を敏感に知ることがイッカクの生存環境を保つ手段となっている。 また、大きな牙を持つ雄は雌を魅了することができるようである。ゾウの牙と同様に、イッカクの牙は一旦折れてしまったら再び伸びることはない。

引用元:wikipedia

しかしながら,感覚器官として用いられるのであればメスの個体にも発達が見られるはずだと言う見解もあり,単にメスを惹き付けるための象徴的な存在だという説もある。

 

正確なところは未だ解明されていない。

 

1位 ゾウ

1位は,陸上生物の中で最大の大きさを誇るゾウです。

牙の長さは,350cmを越えることも。牙はで固い地面を掘って水源や塩分を含む土を確保したり,木の根掘り起こし食べたりするために用いられます。

 

最大の特徴である鼻は,40,000もの筋組織から成り(人間は全身で650程度),骨や関節がないため非常に柔軟性に優れています。また,その筋組織により数百キロのモノを持ち上げる力強さと,ポテチを割らずに拾い上げる繊細さを兼ね備えています。

 

以上,牙の長い動物ランキングでした(^^)/

↓よろしければこちらの記事もいかがですか?↓

【おもしろい】自然界で一番弱い動物ランキング

-ランキング系
-

Copyright© もりしょうInfo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.